コミュニティ・エレクトロニクス

昨日リンクしたchumbyのようなデバイスは増えていくと思います。廉価なパーツを組み合わせて小さなコンピュータを構成し、オープンソースなソフトウエアを載せて、ネットワークにつなぐことで有用なことをさせる。そして、それに必要なソフトとハードはコミュティー主導で作られていくという流れ。

Makeで紹介されていたBug Labsというオープンソースハードウエアを手がけている会社のサイトを読んでいたら、こんな自己紹介が書かれてました。

「Bug Labsは新種のテクノロジー企業です。Bug Labsによってエンジニアはハンダづけの仕方や半導体技術について学んだり、あるいは中国に行ったりしなくても様々なデバイスを開発できるようになります。
Bug LabsにおいてCEとはコミュニティ・エレクトロニクスのことです。マッシュアップの概念をWebサービスと同じようにハードウエアにも適用します。起業家たちはデバイス分野のロングテールを通じてたくさんのマーケットにアピールできます。」

なるほど。バズワード臭もしますが、狙いは面白そうだし共感できる部分があります。この人たちが言うところのコミュニティ・エレクトロニクスという言葉について、つらつら考えてます。

Bug Labsが年内に出すコンピュータの中身はchumby同様、ARM+Linuxです(今月号のソフトウエアデザイン誌で特集されていたarmadilloもそうですな)。ARMプロセッサとLinux OSの組み合わせで安くてオープンなプラットフォームを用意するところからコミュニティ・エレクトロニクスは始まるようです。そのプラットフォーム自体は汎用品の寄せ集めなのであまり付加価値はありません。エンドユーザー的には値段と筐体のデザインくらいしか違いは見あたらないハズ(chumbyを見ると、そこも重要とは思います)。

デバイスそのもので差別化できないとしたら、どこでビジネスを構築するのか。ひとつは、プラットフォームで囲い込んだ上でソフトウエアビジネスをやる方法でしょうな。つまり任天堂スタイル。でも、今からポッと出の企業がそれをやって成功するのは難しいし、インターネットが生みだした状況をフル活用するアイデアにはなってませんな。

そこで出てくるキーワードがコミュニティ、という理解です。開発者とユーザーからなるコミュニティのなかで需要と供給が出会い、周辺デバイスやアプリケーションソフトやコンテンツが流通する状況を作り出す。それはハードウエアとソフトウエアが知的所有権によってがんじがらめになっていたら成立しない話で、ARMプロセッサをはじめとするコモディティー化された電子パーツとGPL下のソフトウエア群の普及によって想定可能となった世界です。

……えーと、まとまらないと思うのでここでいったん切りますが、自分としてはそういう世界が朧気ながら見えてきたことで、ひさびさにコンピュータ関係でワクワク感を得られそうだなあ、みたいな感じなんですね。まだ、見えない部分が多いですけどね。不発かもしれないし。でも、ここ数ヶ月間、延々やってる電子工作とつながってくるものがあって、やっぱりこの方向になにかありそうだよなあ、みたいに思ったりもしてるわけです。ハズしてるかもしれないけどね。頭の中でもうちょっとまとまったら、また書きます。

キーボードの壊れ方

空も秋味いつもどおり画面に向かっていたら、突然ブラウザが画面いっぱいに広がってパカパカと明滅しはじめた。ブラクラか? と思いつつ観察。どうやらキオスクモードと普通のモードの間を行ったり来たりしているようだ。他のアプリを立ち上げてみると、ダイアログボックスが出たり消えたりした。ファンクションキーが押されっぱなしになっているみたい。押してないのに。どうやらキーボードが壊れたらしい。前のキーボードも突然脈略なくキーコードを出力しまくる壊れ方をした。近年の製品はそういうものなのか?

押し入れから備蓄分の同型機(ViewSonic KU709)を出してきて交換。直りました。でも、備蓄が尽きた。忘れないうちに注文しとかなきゃ、と、ShopUさんにアクセス。しかし、すでに取り扱ってない雰囲気。うーん、どうしよう。手に馴染むキーボードを新規開拓するのは大変なのです。

Chin

Chin必然性はなかったんだけど、なんとなく非常時な気分だったので、備蓄用に買ったはずのインスタント食品を食べてしまった。日清の『Chin』は、ボックス型カップ焼きそば。紙製の容器に生の麺と具を落としてレンジでチン。そこに箸をつっこんで食べると、アメリカ映画に出てくるテイクアウトの中華料理みたい。

マイクロソフトのゲーム開発者向けのセミナー『Gamefest Japan 2007』へ行ってきた。寝坊してしまったので(朝まで荒川の水位をモニターしてましたw)、最後のセッションだけ参加。「XLSPサーバーベースゲーム開発」というテーマ。XLSPは「Xbox Liveサーバープラットフォーム」の略ですな。そして、ここでいうサーバーベースのゲームとは、クライアント・サーバー型のMMOを指してるようです。それをLiveがどうサポートするか、という内容。
理解したことをここでまとめるのは……やめときます。正直なところ、よくわからなかった(寝坊せず全セッション参加すればわかったかも)。参入したい人はまずマイクロソフトの「アカウントマネージャ」に相談すべし、ということはわかった(参入の承認は自動的なプロセスではなく、法的レビューを含めていろいろな手続きが必要らしい)。それだけじゃあんまりなので、Watchの記事にリンクしときます。

PC watch 『Gamefest Japan 2007レポート』 1日目 2日目

いまさらながら初体験

DS Browser暑かったなー。涼みがてら、マックでBBモバイルポイントに接続して、いまさらながらのDSブラウザ初体験。どういう使用感なのかやっとわかった。思ったよりもいろんなところに時間がかかりますね。入力と表示はわかりやすい。あと、フォントがカワイイ。

シアトルズベストでエス氏と自転車関連の雑談。そこでチームミヤタ解散の報に接す。厳しいですな。ジャパンカップでは有終の美を飾ってほしいと思います。ちなみに、海外チームはサウニエルデュバル、ランプレ、そしてゲロルシュタイナーが参加する予定らしい。生ゲロルシュタイナーを観る機会は貴重かも。

すばらしい洞察

インドネシア料理をつつきながらエヌ氏とIT産業の未来についてゆるーくディスカション。paasという造語が生まれた。途中からエー氏も加わり、議論のレンジが拡大。OSI参照モデルでいうところの7層より上の各層について詳細な検討が加えられた。ビールを飲み干すごとに洞察は深まり、もはやITのあらゆる領域に関して見通せぬ事はない、というレベルにまで達したのですが、酔いが醒めたいまは何も思い出せないのが残念です。でもまたやりましょう。