感電等の事例集

電気技術者のための失敗100選メガネを新しくしたら読むのがラクになって、読書が捗るようになりました。昨日、読了したのは、『電気技術者のための失敗100選』という本。元東京電力の技術者が遭遇した様々な障害や事故の記録。「あー、あるある、ありがちー」と言いたくなるような緩めの事例から、人が死ぬような重大感電事故まで、どれも興味深い。話も面白い。小動物の感電事例は「ヒー」ってなります。電力会社の人が書いたものなので、わからない略語も多いのですが、そこはググればなんとかなります。その結果「電柱に載っているあの機械はコレかー」となることもしばしば。いい本でした。

ドラム動画

vtuberってのを見てみたけど、これはワタクシの好きなYouTubeと違う、全然違う、コンポンテキにチガウ! と思ったのでした。ワタクシが最近すごいと思ったYouTube動画は、これ。

Elise Trouwちゃんはドラマーなのかな? ひとりバンド? まだよくわかってないのですが、この動画も一見しただけではどういうプロセスなのかわからない。ライブ・ルーピングを後で再編集している感じ? 全体的なクオリティーもすごいのですが、ワタクシが一番グッと来たのはラスト1分間のドラム。この細かいタッチは痺れる。

Eliseちゃんが直々にドラム動画撮影のコツを伝授する動画なんてのもあったりして、これこそワタクシが好きなYouTube。

※今回からYouTube動画の埋め込みは専用コードをペーストするのではなく、URLをそのまま本文中に貼って、埋め込み表示への変更はWordPressに任せることにしました。どうかしら。キレイに出ているかな

結局iPadも

Huaweiの8インチタブレットで間に合ってるハズだったのに、新しいiPadを発売日に買ってしまいました。地元のヨドバシへ行ったら「取り寄せになります」と言われたのですが、帰り道でヨドバシ.comで注文し、同じ店での受け取りを指定したら、4時間後に届いて無事入手できました。もはやいきなり買いにいくのは効率悪いってことですかね。

久しぶりのiPad。やっぱりいいですな。アプリが新しくなっていて、試しがいがある。たとえばPagesがとても良くなっている印象。Pencilは興味なかったけど、こうなると試したくなりますな。キリがないですな。

タブレット読書

Huawei 8.0インチ MediaPad M3 Lite 8 ※Wi-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 4800mAh【日本正規代理店品】最近の買って良かったハードウエア第1位はHuawei MediaPad M3 Lite 8。LTEモデルが26000円台。性能も品質も必要十分。なんにも不満はありません。打ち合わせのときに資料を表示したり、Kindleを読んだりといったブラウジング用途がメインの使い方。

いつでもどこでも片手で持っていろんな姿勢で使える8インチタブレットのおかげで、Kindle読書が楽しくなりました。今はわりとヒマなので、新書なら1日1冊読めちゃう。フォントを大きめにしてテンポよくめくっていく感じ。ここ数日は、前からみんなが面白いと言っていて、自分も読みたいと溜めておいたものを片付け中。おととい読んだのは『バッタを倒しにアフリカへ』、きのうは『ハードウェアのシリコンバレー深センに学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム』。どちらも、ある分野の最前線のお話。おもしろい。

8インチだとマンガの表示にはちょっと小さいので、新しい10インチ級のタブレットを買おうかどうしようか思案中。コスパだけを考えるならMediaPad の10インチモデルでしょうな。でも、iPad Pro 10.5も試してみたいですな。どっちにしようかな。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)

骨董品動作チェック

仕事の切れ目で整理整頓。そうすると、埋もれていた古い機材がポロッと現れたりしますな。これはたぶん大昔にガビンちゃんからもらったコモドール印の電卓。9V電池を入れたら動きました。LEDは元気。でも、0と1と2と演算子のキーが利きません。直せそうだけど、そんなことをしていると本筋の整理整頓ができなくなっちゃうわけです。

I♡YouTube

歌がとてもうまい人がとても気持ちよく歌っているのをうっとり目の前で見ているよう。こんな動画が見られるのはやっぱりYouTubeのおかげ。もはやYouTubeがなかった頃の音楽の聴き方を思い出せないワタクシです。