オレとゴールド

昔の自分は、金色が嫌いでした。お店でかっこいいカバンを見つけても、金具が金色だったら絶対買わなかった。金が良いと思っていたのは、ケーブルのプラグ部の金メッキだけです。でも、近年、認識が変わってきたんですよね。金メッキや金張りや金無垢のものが心地良いと思えるようになってきた。どうしてなんでしょう。理由は自分でもよくわかりませんが、「目に優しい」、「肌触りがしっくりくる」、「新鮮」といった印象。最後の「新鮮」は、好みが変化したことからくる新鮮さでしょうな。アップルがゴールドをカラーバリエーションに含めるようになった影響もあったりして。

古い筆記具や時計を漁るときも、金製品歓迎です。とくに金張り(Gold Filled)のものにお得感がありますな。たとえば、1970年代のCrossのペンが数十ドルで売られていたりする。しっとりした金の感触と実用性が両立していて楽しいです。金無垢なら、懐中時計(ケース)や万年筆(ペン先)が親しみやすいかも。ペンも軸まで金無垢だったりすると、それなりのお値段がします。銀無垢ならだいぶ安いです。銀は磨きがいがあって好き。持った時の感触は金よりも好きだな。

メッキ(Gold Plated)の製品は質の判断が難しい。60年代頃の時計や筆記具には、金メッキのぶ厚さを訴求しているものがあって、たとえば「80MICRON」と刻印があったりします。そういうのは、なかなか立派です。でも、メッキは厚くてもその下の金属(時計の場合は真鍮が多い)が痛んでいて、肌が触れる部分がボロボロだったりすることがあり、それでは使う気にならないですな。メッキのハゲも、写真だけじゃわからないことが多い。磨けば真鍮も光るので見分けにくいです。古いメッキ製品は、使用感の少ないものじゃないと、怖いです。

写真はシェーファーの万年筆とキングセイコー。まだレストア中。状態が良いので清掃だけでイケそう。製造年はたぶんどちらも70年代。素材は、シェーファーのペン先が14K、軸はGP、時計はまだよくわからなくて、たぶん金張りです。ふつう裏蓋に書いてあるんですが(セイコーならCAP GOLDとあれば金張り)、この個体はそれが書いてあるはずのところに「贈 東京電力株式会社」とあってわからない(勤続記念の贈り物ですかね)。今のところ小傷の様子から金張りと判断してますけど、分厚い金メッキなのかも。修練が足りなくて鑑定できません。だからなおさらワクワクするんですけどね。

意外に美味ていうか最高級スイーツ

食べてみたんです。先日収穫したサツマイモ。完全な「つるぼけ」となり、栽培は失敗だったので、味もいまいちなんだろうな、と思っていたんですが、まったく違いました。ふかしてそのまま食べただけなのに、最上級の甘味が口いっぱいに広がりました。ひとかけらのバターを載せてみると、まるで高級洋菓子店のスイートポテトみたい。いや、それを超えています。自然の甘味と香りにうっとり。

もっとたくさん採れていたら、毎日この味を楽しめたのに……と残念感も沸いてきましたが、来年また再挑戦したいと思います。土中の窒素分を枯らすために、冬の間になにかを植えておいたほうがいいかもな。

愛用中の筆記具

上から、
万年筆 パイロット エラボー細字 FE-18SR-B-SF
メカニカルペンシル ファーバーカステル Vario L 0.7
鉛筆 トンボ2558 B
油性ペン ゼブラ マッキーケア超極細
メカニカルペンシル クロス 0.9mm繰り出し式(1980年頃?)
ボールペン パーカー(1980年製)
ボールペン モンブラン(クリップレバーアクション式1970年代)
 
このパーカーとモンブランは古いけど、ボールペンですので、リフィルを新しいのにすれば新品の書き味。そこが楽しいですな。胸ポケットにいれて持ち歩いてます。ビンテージで一番買っているのはメカニカルペンシルかも。0.9mmの繰り出し式が好き。0.92mm/4Bの芯を銀座まで買いに行ったりします。

机の上でもっとも活躍しているのは、鉛筆だったりして。手にとってすぐ書ける。トンボのこれが好き。消しゴムが優秀なんです。次に使うのがファーバーカステルの0.7mm。これは繰り出し式の消しゴム付き。シャーペンは長持ちしますな。ヤフオクやeBayで古いものを買ってもたいてい動作する。ただ、グリップ部がスポンジ状になっているやつは苦手。あそこがベタベタになるのが許せないので、硬い軸専門です。最新のモデルも好きです。折れない系ではデルガード派。文具売り場は楽しいですな。

常用している万年筆は2、3本。いまインクが入っているのは、このエラボーとラミー・サファリ(F)とプラチナ3776(UEF)とヤフオクで買ったペリカンの古ーいヤツ。あ、4本ですな。超極細は使わなくなってしまったので、3776のインクは抜いておこう。新しいねじ込みキャップのペンはインク入れ放しで問題起きたことないですけど、なんとなく落ち着かないので、すぐ抜いてしまいます。その作業が好きだったりするのもあります。

栽培失敗無念

去年はたくさん採れたサツマイモ、ことしはサッパリ。失敗でした。種芋を5個も植えて、5倍の収量になるはずだったのに、できたのはこれだけ(写真)。ググッて原因を調べると、たぶん、春に窒素入りの肥料を撒いたのがいけないんでしょうな。葉ばかりが繁殖して実が育たない「つるぼけ」という状態になってしまうらしい。蔓の途中の根が増えるのも良くないらしい。盛大に繁茂した葉っぱをみて頼もしく思っていたのですが、そうなると地中にまわる養分が足りなくなって、肝心の実が育たないんだそうです。勉強になりました……。放置プレイでたくさん収穫できた去年のサツマイモは偶然の産物だったのかも。

ボールペン換装

いまいちばん気に入っている筆記具はトンボ mono Graph Multi。シャーペンとボールペン2本と繰り出し式消しゴムがまとまっていて便利。消しゴムがこの手の搭載方法にしては太めなので使い勝手が良いです。マルチファンクションペンにありがちな芯の遊びも最小限で、書き味に剛性感があります。そのかわり、カスタマイズは想定していない雰囲気。ボールペンのリフィルは用意されているので、同じ寸法のものが見つかれば変更できそうだけど……ということで、探してみました。ハンズのリフィル売り場でジッーと比較した結果、ジェットストリームのSXR-80系リフィルでイケそう。試してみたところ、問題なさげ。0.7mmのぬらぬら感を楽しめるようになりました。

鉄の心臓

ゲーミングPCなら、ストラテジーゲームも快適。超多数のユニットが複雑に動き回るHearts of Iron IVであってもどんどん進みます。ただし、今回のプレイでは1950年あたりで突然クラッシュする症状が発生。あと少しで世界制覇なのに! でも、明らかにやりすぎですから、このあたりで休んで仕事をしたほうがいいですね。わかりました……。

廉価版の組み立て式3Dプリンタを買った話とか、ダルい日に自転車に乗ったらFitbitの示す心拍数がヤバいことになってしまった話とかはまた次の機会に。