続ベース女子

引き続き、YouTubeではベース女子の動画を見ていることが多いわけです。ここ数ヶ月ですと、やまもとひかるさんを繰り返し何度も。ギター1本なのに、すごい情報量だ。

YouTube以外では羊文学ナードマグネットを聞いていることが多いです。ベース女子の文脈で遭遇して、バンド全体のファンになったんです。日本には面白い音楽がちゃんとある!

ライトライト

相変わらず、文具を必要以上に購入しております。店頭のデモで面白いと思ったら買わずにいられない。先日、感銘を受けたのはゼブラのボールペン”Lightwrite“。LED内蔵PENという、誰もが考えそうだけど実用的な製品は見たことがないジャンルにおいて、真面目に正面突破してきた製品と感じました。

触ってみて実用的だと思った点を箇条書きしてみますか:
・ノック2回で点灯というシンプルインターフェイスが実用的
・ペン先のレンズがうまく光を前方に集めてくれて実用的
・LEDの光量がかなり大で実用的(ただし明るすぎる状況アリ)
・4Cという汎用リフィルが使えて実用的
・全体的に剛性があって実用的
・ちょっとゴツイけど普通の真面目なボールペンという佇まいが実用的
・定価500円(近所のホームセンターでは380円くらい)という価格設定が実用的

といったところ。では、欠点はないのか? たぶん、電池交換がちょっと面倒ですね。LR626かSR626を4個入れてやる必要があって、しかも説明書きには、販売時に入っている電池はテスト用なので購入後「すみやかに」新品と交換せよ、とあります。「4個かー」という残念感はありました。

1.5V電池が4個だから電源電圧は6V。これを単純に抵抗器で電流制限して白色LEDを光らせているんでしょうかね。まだ分解していないのでわかりません。もう少し使ってから、どこまでバラせるか試してみます。今のところ普通に便利な筆記用具として使ってます。もう1本、枕元に置く分を買っておこう。

収穫

収穫した唐辛子の写真を添付し忘れました。9月の半ばから赤いのが増えてきた印象。一緒に買った特売の苗から育てたシシトウもあって、見た目はゴツくてちょっと硬いけど、やはりフレッシュで食べ応えがあります。どちらも香りが強くて、オリーブオイルで炒めると、匂いだけでよだれが出てきます。

食欲の秋

涼しくなったのでなにかクリエイティブな活動をしよう!と思っても、うどんを食べに行ったり、ホットケーキを焼いたり、コーヒー豆をごりごり手で挽いてみたりと、「食欲の秋」を実践するばかりです。

梅雨どきにホームセンターの在庫処分コーナーで見つけ100円くらいで買った唐辛子の苗が大きく育ち、常に新鮮な辛さを手に入れることができます。これからの季節は紅葉おろしがいいですな。大根に刺しておろし金でごりごりするだけ。ものすごく辛い。涙が出る。でもおいしい。冷たいうどんに合うね。

去年失敗したサツマイモはどうなるだろう。今年も何個か植えました。葉っぱが増えすぎないよう、ときどきブチッと切り取ってます。サツマイモの葉は食べられるらしいので、プチってやったものを刻んでごま油で炒めて味見してみたところ、おいしさは感じられなかった。調理方法がよくなかったのだろうか。きんぴら風に味付けすればいけるかも。

いまこの瞬間に食べたいのは焼いてマスタードを塗ったぶっといソーセージ。噛むと肉汁が飛び出してきて火傷するやつ。いや、火傷はしたくないですが、そういうあつあつのを食べたいということです。明日、買いに行こう。

見るだけカレー

先日初めて入ったスーパーで久しぶりに見つけた『デリー』のレトルトカレー。カシミールもありました。ひとつ買いました。でも食べないで、飾ってます。近年、舌がずいぶんと柔になってしまい、このレベルの辛さにはもう耐えられないんです。前回食べたときは、辛いを通り越して口中が痛くなり、後悔しました。だったら買わなきゃいいのに……。

スリープトラッカー対決

GarminのInstinctを買いました。発売から3か月の間、「欲しいけどFitbitで間に合ってるし……」と我慢していたんです。でも、Garminのスリープトラッカーもレム睡眠を検出できると聞いて(去年のアップデートで対応した模様)、Fitbitと比較したくなったのでした。

FitbitはIonic、Versa、Charge3の3機種を使い分けてます。現在常用してるのはこの中で最新・最小のCharge3ですが、今回はInstinctに仕様が近いIonicと比べてみました。左手にInstinct、右手にIonicを装着しておやすみなさい(写真では左手に2個つけてますが、これだと落ち着かなくて眠れませんでした)。

結果は下記のとおり。下のグラフは、Garmin、Fitbit双方のスマホアプリの表示を無理やり繋げたものです。時間軸を揃えてます。

かなり違ってますね。まず入眠の判定が大違い。昨晩の様子を思い出すと、Fitbit(上)のほうが正確。Garminのデータは、布団の上でNetflixを見ていた時間も睡眠中(しかも深く)と判定してますな。Instinctをつけていた左手が右手より静かだったせいかもしれません。

この晩は寒くて、何度か目が覚めちゃったんですけど、そのときの動きが「目が覚めた状態」ではなく「レム睡眠」と判定されていることがある。睡眠レベルの判定基準はFitbitとGarminの間でだいぶ違いますな。どちらが正しいのかは、よくわかりません。なにせ寝ていたので……。

暫定的に優劣をつけるとしたら、Fitbitのほうが感覚に近い、と言えるかな。でも、感覚が間違っているような気もしていて、やっぱりわかりません。もうしばらく実験を続けてみます。

なお、汎用のスマートウオッチとして見たときのInstinctはとても良いです。まずバッテリの持ちが良い(GPS不使用で14日間)。常時オンのモノクロディスプレイの視認性がとても良い。気圧や心拍数を常時グラフ表示できるのも良い。大きさのわりに軽い点やベルトがしなやかですぐ馴染むところも良いですな。良くないのは、ボタンによる複雑な操作系とジャギーな日本語フォントでしょうか。これは長所とのトレードオフなので、しょうがないかも。デザインがヘビーデューティー/アウトドア寄りなので、仕事中はちょっと着けにくいという人もいるかもですな。色はグラファイトが一番無難。でも、他の色も全部魅力的。弊社はツンドラにしました。レークサイドブルーも涼しげでかなり迷いました。サンバーストで真っ向から夏に立ちむかう感じも良かったかも。今後はベルトで遊ぶことにします。