ワイヤービードタイヤ

25年以上乗った自転車がボロボロ。保守のため長期間備蓄してたパーツまでボロくなってる。写真は、ビードワイヤーが露出してしまったタイヤ。シュワルベのマラソンていう、耐久性重視のタイヤなんですが、リムに装着したら、未使用なのにゴムが裂けてワイヤーがピョンと飛び出しました。このまま乗れる? チューブに刺さりそう。でも、この位置なら案外平気かも? おそるおそる近所を走ってみたところ、ただちにパンクすることはなかった。でも、こんなビードじゃ、装着が甘くなってるかもしれないですよね。

リアディレイラのプーリーが欠けていたり、カーボンバーのコーティングが剥げ剥げだったり、もうほんとにあちこち限界。フレームは頑丈だから、直すこともできそうだけど、時間とお金がかかりそう。どうしますかね。大きなカゴがついてるママチャリが欲しいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です