デルガードType-Lx 0.3mm

普段どおり地元のスーパーの文具売場をチェックしていたら、デルガードType-Lx 0.3mmの試筆コーナーができていたのです。ロゴ入りの用紙には、ちっさいマス目が印刷されている。この大きさで書いてみよ、ということですな。狭い商品棚の上で書くのは難しいと感じたので、用紙を1枚もらって、デルガード Type-Lx 0.3mmも1本買って、家で書いてみた。

書けますな。書けるか書けないかで言ったら書ける。そして、カツカツと筆圧をかけても折れません。デルガードとワタクシの書き方は相性がいいのかな。ただ、0.3mmタイプはスプリングが柔らかいのか、筆記中にペン全体がビヨンビヨンする感じがあって、少し気になりますな。これに慣れることができるかどうかで、常用ペンとなるかどうかが分かれるでしょうな。0.3mmでこれだけ折れないのはデルガードが初めてです。

Lxの由来はなんでしょうね。やっぱりLuxuryですかね。豪華ってことかしら。たしかに、軸の質感が上等です。0.7mmのType-Lxも出るといいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です