実験の本

あー、もう、面白い本が山積みで忙しい。読みかけですが2冊紹介。

Mad Science 炎と煙と轟音の科学実験54』は痛快な本です。全部自分で実験したら家が何回火事になるかわかりませんが、キレイな写真のおかげで安全に危険を楽しむことができます。
Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54


色素増感太陽電池を作ろう―手作り太陽電池のすべて』。こちらは自分で試したい内容。ちゃんと使える太陽電池を、導電性ガラス、酸化チタン粉、ポリエチレングリコール、ハイビスカスティー、水といったローレベルな素材から作る方法が書いてあります。ハイビスカスティーは色素溶液を作るために必要で、なければ紫キャベツでもいいようです。

色素増感太陽電池を作ろう―手作り太陽電池のすべて

One thought on “実験の本”

コメントは停止中です。