デルガード対クルトガ対オレンズ

近所のスーパーの文具売り場をうろついていたら、クルトガとデルガードの比較コーナーがあった。ワタクシは最近デルガードを使うようになったんです。その理由は、0.5mmの4Bという超柔らかい芯でも滅多に折れることがないから。減りが速いため頻繁に芯を補充する必要はあるけれど、パキッと折る不安なしに濃い線を書けて気持ちいい。デザインやグリップ感も良いですな。一方、クルトガにはメリットを感じてなかったんです。0.5mmをトガらせても、すぐ折れちゃうでしょ……と。しかし、この日、比較コーナーのクルトガシリーズをチェックしていたら、0.7mmタイプがあるのに気づいたんです。0.7mmなら折れにくい。そしてそれが常にトガっているのは嬉しいのではないか? 0.7mm芯の新しい可能性が開けるのではないか? と思えたんです。

で、1本買って、1日使ってみました。ちょっといいかも。0.7mm芯で書いていて、一面だけ減ってくるとかなり太い線になっちゃうわけですが、それが避けられる。ただし、完全に避けられるわけではなく、芯の減りが不均一になって違和感となることもありますな。もう少し使ってみないとわからないかも。デルガードと一緒に、机の上に置いておくことにしました。

クルトガ、デルガードとならんで、いやそれ以上にシャーペン愛好家の関心の的になっているのがオレンズでしょうな。こんな記事がありました。

何でもかんでもPCでメモを取るのをやめませんか?』 ITpro
「orenznero(オレンズネロ)が市場から消え、とにかく手に入らない。ぺんてるが2017年2月に発売した、税抜き3000円の高級シャープペンシルのことだ」という書き出し。続いて、文具市場の活況ぶりや手書きとPCの使い分け事例などに触れていて面白かったです。

たしかに、どの文具店でも、オレンズネロのコーナーは空になってますな。でも、ワタクシにはうまく使いこなせないんです。以前、齋藤さんにプレゼントしてもらったオレンズがあって、たまにそれを使ってみるのですが、折れにくくする工夫はあってもガシガシ書いていると折れちゃう。折れるっていうか、砕けちゃう感じ。

この動画はちょっと誇張してますけど、こんなふうに芯がモロッと粉になっちゃうことがある。この粉がPCに入り込んだりしたら困るので、オレンズの常用は断念しました。万年筆の練習により筆圧はだいぶ下がったものの、夢中になるとまだけっこう高圧で書いてるみたい。芯が折れないだけでなく砕けることもないシャーペン(クダケンズ?)が出たら買いたいと思います。

普通のWindowsノート

Windowsノートを買いました。日本で英語キーボード搭載機を探すのはあきらめ、Amazon.comからAcer Aspire F15というデカくて安いやつを個人輸入。注文から中3日で届いた。GPU搭載、メモリ8GB、ハードディスク1TBのモデルが送料込みで6万円ほど。通関費用の清算がまだですが、それを入れても6万円台前半でしょう。予想通り技適マークありました。

いま、SSDへの換装を終えたところです。HDのまま使ってみようかな、と思っていたんですけど、無理でした。全面SSD化してからだいぶ経っていて、もう戻れないということを確認。UEFIとかいうブートの仕組みがよくわかってなくて、何度かやりなおすことになったけど、ちゃんと説明を読んでからEaseUs ToDo Backupを使ったらすぐできました。勘だけでやっちゃダメね。

このマシンを使って、MacBookではできないことをやろうと思ってます。まずSteamを入れました。Processsingを「グラフィクスプロセッサあり」で実行したり(今のところIntel統合GPUのほうが速いという結果が出てますけども)。テンキーがあるので会計ソフトにも良さそうですが、帳簿代わりにしている初代Surface Proが快調な間は使い分けることにしますかね。

統計学の本

統計学が最強の学問であるベストセラーになっていると聞いた『統計学が最強の学問である』を読んでみた。出版社が煽っているだけなんじゃないの〜? と斜めに構えて読み始めたんだけど、面白くて、1ページも飛ばさずに最後まで行った。バランスよく、わかりやすく書かれていますな。それから、あとがきがちょっと感動的で、良い読後感でした。

異端の統計学 ベイズいま読んでいるのは、こちら。『異端の統計学 ベイズ』。過去にベイズ本は何冊か読んでいるので、おもなトピックはたぶん既知なんですけど、史実がよく整理されている本みたいなので読んでます。ミリタリーねたも多い。

本来は夜行性

早寝早起きが続いていて、昼の活動時間が長いのは良いのですが、夜中にじっと映画を観たりブレッドボードをいじったりする機会がなくなってしまいました。当欄の更新が少ないのもそれが主原因。やっぱり本来は夜行性ってことなのかな。

ハドソン川の奇跡

あまり期待せずに観た『ハドソン川の奇跡』がとても良かった。実際のところ、クリント・イーストウッドの小作品という趣なんですが、航空機運用の実際、とくにパイロットの仕事がよくわかって面白かったです。客室乗務員たちの”Brace! Brace! Brace! Heads down! Stay down!”という叫び声も良い。久しぶりに、観て良かった、と思った映画でした。

戸川純

戸川純 with Vampilliaを聴いたりしてます。動画もありますね。これはVampillia with 戸川純と言ったほうがいいのかな。とりあえず貼っておきますね。