工房問題

まず工作をして、試作品を作り上げないと始まらない案件がいくつもあります。締め切りもある。作るのは楽しいし好きですが、取りかかるまでは気が重かったりもします。その原因は、おもにスペースの問題。つまり、机を片付けて、部品と工具と測定器を並べるのが面倒なんですな。サクッと取りかかれないのがストレス。工作の途中で別の用事が発生したら、いったん片付けないといけないかも。空間に余裕がないことからくる無駄な手間。そういう状況を想像するとさらに面倒な気分に。
工作のためのスペースがあって、いつでもすぐ作業に取りかかれて、別の用事のために途中で片付ける必要もない……というのが理想ですな。ていうか、そうじゃないと、効率と意欲の両面で頭打ちなんじゃないだろか、と思うことたびたびな昨今であります。ガレージが必要ってことかな。

One thought on “工房問題”

  1. 工具を配置した「机の天板」を滑車で天井に吊るしておいて、必要時に降ろす的な。

コメントは停止中です。