楽しい開発

Androidアプリケーション開発ガイド ―HTML+CSS+JavaScriptによる開発手法』を読みおえたところです。監訳者・増井俊之さんのまえがきがモチベーションをあげてくれました。曰く……、携帯端末のプログラムを開発することはとても楽しい。とくに近年はiPhone、Androidによって、多くの人に使ってもらうことができるようになった。開発環境も使いやすく、アマチュアでも参加が可能。とくにAndroidは手間がかからない。ただし、Javaによる開発はそれなりに難しい。代わりに本書のようなHTMLとJavaScriptを使ったアプリ開発がおすすめ。携帯端末のプログラムがこれほど簡単に作れるようになったのは「前代未聞の出来事」。面白いアプリをどんどん作っていこう! とのこと。読みながら、なるほどこれでイケそうなアプリ(サービス)はいろいろありそうだゾ、と思いました。

Androidアプリケーション開発ガイド ―HTML+CSS+JavaScriptによる開発手法

と言いつつ、今日いじっていたのは別のツール。App Inventor for AndroidはGoogleが提供しているクラウド型のビジュアルプログラミング環境。使い始めてから、完成したパッケージを実機にダウンロードするまでの間に16回くらい衝撃が走りました。ついにHyper Cardを超えるツールが登場してしまったのか!? これ以上語るのはもう少し研究してからにしておきましょう。

appinv1.jpg

2 thoughts on “楽しい開発”

コメントは停止中です。